二世帯住宅を検討した上で注文住宅で造りました

親が高齢になったので、住まい探しをする場合、二世帯住宅でバリアフリーを考慮したマイホームにしたいと考えていました。二世帯住宅にした場合、1階部分は親が住み、2階部分は私達家族が住むようにして、各々、お風呂やキッチン、トイレなど設置するようにして住まい環境を整えるようにしました。高齢者の親との生活スタイルは違いますし、早寝早起きの生活をしている高齢の親の生活ペースを乱すのは良くないと考え、別々で食事をしたり、洗濯やお風呂など全て分けるようにしました。そうすることで無理なくお互いの生活ペースをキープすることができます。いくつか物件見学して、なかなか気に入った住宅メーカーを見つけたので、そこで二世帯住宅について相談し、快適な住まい造りをお願いしました。こちらの意見もきちんと伝え、バリアフリーの住まいで予算もハッキリと伝えた上で家造りができたので、かなり快適な住まい造りができたので、出来上がりは満足しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です